仕事の決まり方として

イベントよりも大注目したい、イベントコンパニオン!

コンパニオンというブランド

就業することで得るもの・得られるもの

イベントコンパニオンとして就業することに抵抗感を感じない、そう思っている人は問題ない。容姿が人よりもいい、といってもこれもかなり曖昧ではあるがともかくとして、そうした人は自分の身なりに対して少なくとも人並み以上に美容に関することを徹底している印象がある。美しさと呼称される概念は、何も手を付けない天然モノとなるものは滅多なことで存在しない。自然にしても人にしてもそう、絶頂的な高みに到達しているケースはやはり何かしら外的要因が加わっていなければ成立しないもの。何もしないで自分の美しさが成り立っているといわれても、今の時代では正直嘘だと取られてしまう。身なりを整形で自由に変化させることが出来る手段も含めても、天然の絶世の美女と呼ばれる存在が本当にいるのか、まずいないだろう。世界三大美女と呼ばれたクレオパトラや楊貴妃なども、日々ちょっとした健康面を始めとした美容面に気を使っていたのは、想像に難くない。

そこまでは男女ともに嗜みだろう、疎い人もいるが程度の問題だ。イベントコンパニオンの業務は『常に人に見られる仕事』だ、大多数の人間に直視される視線に答えられるような容姿をしていなければ視線には答えられないもの。ただそんな見られることに、本人としても少なからず優越感を感じているだろう。自分を見ている、自分の魅力に取り憑かれている、そんな感覚にとらわれても別段おかしくはない。極度に人見知りで見られることに抵抗感むき出しの性格をしていたらそもそもイベントコンパニオンとして成立しない。

コンパニオンとして活動していくと、女性という観点を含めても色々と得られるものがある。ただその反面、イベントコンパニオンをしていることにより受け入れなくてはならないこともある。


優越感と嫌悪感の間

コンパニオンになると必然と興味あるなしに関係なく、誰の目にもう写ることになる。見方によっては思わず見返してしまうようなこともある、イベントコンパニオンの衣装は過激なもので、時にはどうしてこんなデザインをしているんだろうと本人が疑問に思うこともあれば、中にはあんな格好をして恥ずかしくないのだろうかと、同情したくなるような服をしている人に思わず躊躇いを見せてしまうだろう。それも仕事の一環だ、嫌という選択肢を取ることは許されない、仕事なので当然ではあるが、納得出来ないのであれば働く資格はないとして諦めるしかない。

ただそんなコンパニオンとして働くことでえられるものはある、個人的な考察から考えてみると考えようによっては大きな可能性を手にすることも容易と見ていいだろう。

メリットとして

・他人に見られることで、容姿に対しての視点が厳しくなる
人に見られる仕事なので、自分の容姿を今以上に良くすること、これをおそらく念頭に入れて美容に励むことになる。規則正しい生活、バランスのとれた食事をとるといった、そんなことを日頃から意識できるようになるだろう。
・表現力が上がる
コンパニオンの仕事は見られる仕事、つまりより良く見せるためにはどうしたらいいのかを研究しなければならない。パフォーマンスを良くすることで表現力を鍛えられることにより、それはまた違う方向で活かせるスキルになる。
・様々な業界関係者と接することが出来る
イベントといっても業界は様々だ、車を始め、様々な業界が参加し、さらにはマスコミ等の出版関係の業界人もたくさん訪れる。イベントコンパニオンとして就業していれば、思わぬところで人脈を築けるチャンスが待っている。

給与以外のメリットを上げてみたが、意外とその後に関して自分という資産を有意義に活用することができるスキルが身につけられる。また人脈という線でもいろいろな業界に接していればビジネスチャンスにも恵まれる可能性は大いにあるため、イベントコンパニオンとして働くのも意味があることになる。

デメリットとして

・カメラ撮影は当たり前
イベントコンパニオンをしているとカメラ小僧、つまりはプロ・アマ問わず様々な人からシャッターを切られることになる。これを拒否する権利はコンパニオンにはない、むしろ見られることが仕事なので、納得出来ないとイベントコンパニオンはやっていけない。
・関係者だと勘違いされる
イベントに参加しているため、一般来場者にすれば派遣だろうとなんだろうと、関係者であると判断されるため、度々案内や説明が求められる。そのため参加するイベントの最低限の情報と、担当する企業のブースについて基礎知識はある程度収集しておかなければならない。

コンパニオンとして働くことになったら、ある程度受け入れらなければならないのがカメラ撮影だ。大勢の、しかも不特定多数の人に取られるのを始めたばかりの人はかなり恥ずかしく感じられるが、それも仕事の一つとなっている。中にはテレビ番組の報道で全国放送されることもあり得るため、色々覚悟を伴う。またコンパニオンとして派遣できているだけだから自分はわかりません、という台詞は通じない。そんなことを言ってしまうものなら企業ブースに対しても、派遣会社にしてもマイナスとして苦情が出てしまい、最悪トラブルになってしまう。イベントは基本広大な会場が対象となっているため全てとは言わないが、近場の地形がどのようになっているのかという情報も事前に入手しておかなければならない。仕事をしている以上、色々と制約が課されているのはイベントコンパニオンとしても同じだというのを忘れてはならない。

高収入バイト情報
婚活してる方におすすめ!みん婚で結婚相談所 口コミ http://kekkonn777.net/チェック♪当サイトに掲載の相談所は利用者の生の声を参考に選んだ信頼できる会社ばかり!ぜひ一度チェックしてみてください。