どうしてみんなやりたがる?

イベントよりも大注目したい、イベントコンパニオン!

どうしてみんなやりたがる?

コンパニオンという世界

こうしてみるとイベントコンパニオンという仕事が、実は精神的な意味で重労働を要することになるものだというのが理解できると思う。メンタル的に視線に耐えられる、またどんなお客さんが来てもきちんとした社会人としてのマナーに準じた応対をしなければならないのが、コンパニオンには求められている。この辺のところはルーツとなった良家のお嬢様がコンパニオンをしていた時と変わらない。ではこれがすべての女性たちが出来るかと言われたらやはり難しい。中には感情的に激情をぶちまけてしまう人もいるかもしれない、またその危険性があると判断されれば当然、仕事は来る確率は大幅に減る事になる。自制心があり、社会的なルールに基づいて仕事をこなし、時にはどんな状況にも耐えられるだけの精神力を持っていなければならない。これだけでも出来る自信があると答えられる人はいないだろう。

一般常識的なマナーが出来なくても学べばなんとかなる、ただそれを誰に対しても等しく、また嫌な顔を決して表に出すことなく、無愛想な瞬間を垣間見せないプロ意識、普通の仕事と比べたらかなり神経をすり減らすことになるかもしれない。

曲解的な意見になるかもしれないが、印象として雰囲気がいいコンパニオンと、そうでないコンパニオンはなんとなく見た目で分かる。当然コンパニオンとして好かれるのは前者だろう、いわゆる人気コンパニオンといった感じになるが、出来るなら人気者になりたいと思うのは誰もが思うことだろう。人気のコンパニオンといっても、素人目線ではわからない人もいると思うので、具体的にこんなコンパニオンが人気だと言われているようだ。


総合的な面で

コンパニオンとして人気が上がる、つまりは派遣会社としても評価が高くなり、仕事の案件もたくさん寄せられることになる。単純に勤務態度が良好というのはもちろんとしても、それ以外に挙げられる人気コンパニオンだと認められる点については次のようなことができていると、いいと言われている。

人気と呼ばれる条件

・顧客相手に、楽しくさせられる接客をする
人に見られるのも仕事だが、それはすなわち接客業と何ら変わりない。来場したお客様が楽しくいられるようにするのはもちろん、お客様の話をきちんと聞いて、それに合わせた対応をすることで、イベントでの勤務成果はうなぎのぼりとなるだろう。中身は違うが、根源的には一般と言われる接客業と性質は何ら変わりないということが理解できる。
・チップをもらうことばかり考えない
野暮ったい話をすると、コンパニオンとして活動しているとお客さんからチップがもらえる事がある。こういうところもコンパニオンが人気の仕事と言われている。ではチップがもらえるからこの仕事を始めて、それ目的で仕事をしたとしたらおそらく印象がとてつもなく悪くなるのは目に見えている。そもそもそんな魂胆を抱えた接客業をされても、お客さんとしても全く嬉しくなく、場合によってはチップがもらえるかどうかで対応が異なると言った、問題行動にも繋がってしまう。垣根に関係なく、純粋にコンパニオンという仕事をまっとうに行って、喜んでもらえるような対応ができれば人気、つまりは引く手数多のコンパニオンになれる。

プライオリティを気にする時代

今の時代、どの企業も自社に対する世間的な視点には非常にうるさくなっている。悪態をした結果、SNSを始めとしたインターネット上に拡散されることで、企業の品格に痛烈なダメージを与えることになる。最近でいうところの、人気カップ焼きそば商品に虫の死骸が入っていたことへの苦情に対し、断固とした否定する姿勢を示した結果、世間から糾弾されてしまい、無期限出荷停止をしなければならなくなったという事例がある。

コンパニオンもそう、仕事として派遣される以上は勤務先では最低限の社会的常識行動が取れていなければならない。問題行動を起こしたら最後、確実に登録抹消となって仕事ができなくなる。こうした業界は横つながりで情報が流れやすいため、クビにされても他社で働けばいいというのは甘い考えだ。容姿が良ければいいというものではない、仕事をしている以上はどんな事があってもそれに耐えられるだけの仕事に対する姿勢を示さなければならない。人気コンパニオンとはそうした最も基本的な常識的行動を取ることが出来る人がなる、そういうものだ。

高収入バイト情報