副業としてちょうど良い

イベントよりも大注目したい、イベントコンパニオン!

副業としてちょうど良い

イベントコンパニオンを掛け持ちする

イベントコンパニオンについて色々と話してきたが、この仕事を専門的に行っている人は少ない。そもそも主とすることはできない、どうしてかというのは軽く触れたがこちらの仕事も繁忙期があるからだ。繁忙期ではない時期であってもいくらか仕事は入ってくるものの、そうした仕事を優先的に回されるのは社内でも評価の高い人ばかりになる。それ以外の特に可もなく不可もなく、一般的な評価を与えられている女性たちにまで仕事は行き届かない、この世界でも仕事の獲得については常に競争だ。

ただ繁忙期になれば話は別、その時期になれば猫の手でも借りたくなるほど忙しくなるため、大手派遣会社になればなるほど評価も少し気にしながらも、案件を回される。その間の期間、残念ながら仕事が無いため無収入となる。それではさすがに生活していくことができないため、大半の女性たちは本業を持ちながら副業としてイベントコンパニオンをしている人が多いという。そうでない人は既に芸能関係の仕事についているといったそんな人もいるかもしれないが、大半が別の仕事を行っている。

日本では副業に対して厳しく敷かれているため、会社によっては行うことはできない。正社員ともなれば副業をしているとバレた時点で解雇となる。非正規雇用者に関しては基本的に受け入れられるが、それも行っている業務に支障をきたさないようにする、これが大前提だ。副業としてのイベントコンパニオンというのは、言われてみれば確かにやるだけの価値はあるかも知れない。また仕事をしていなくても、開いた時間に出来る仕事はないかと行っている人もいるという。


専業主婦もいるという

派遣会社に登録して活動していた中で、幸か不幸か結婚することになった20代半ばの女性がいたとしよう。夫である男性にもコンパニオンの仕事をしていることを知ってもらえている前提で結婚生活を始めることになったら、当然仕事について考えなくてはならない場合がある。今の時代中々ないかもしれないが、女性が働かなくても男性の収入で最低限やっていけるとなれば、無理して働く必要もないだろう。子供ができたなどの要素が加わるとまた話が別になるが、それでも家事をしながらの生活でも十分生きていけるのであれば、女性としても嬉しいところだろう。閉塞的な環境や周辺住民との関係などに気を使うことになってしまうかもしれないが、そんな時やはりリフレッシュしたいとしてコンパニオンの仕事がまたしたいと思う瞬間も来るだろう。

そうした時、開いた時間を利用して仕事に出られるかどうかを考えるというのも手だ。実際、コンパニオンの中には主婦もいると言われているため、やり方次第によっては自身の小遣い稼ぎぐらいには役立てるだろう。

既婚者なら当然気をつけたいところ

ただこうした20代半ばの既婚者の人でコンパニオンをしているとなったら、当然外で多くの男性に見られるような事になり、またナンパなどの状況に遭遇することもある。同意を得ず、無断で働いていたらそれはそれで問題になりそうだが、あまり表立って働きたいとは言えない仕事でもある。

華やかな仕事である分、誘惑も多い世界であるのは否めない。追求すると犯罪に家族が巻き込まれる事もありえる、狂気にとりつかれた人間ほど恐ろしい物はない。既婚してからもギリギリまでコンパニオンとして働いて美しさを保てる努力をしたいと、自分のためだという人もいるだろうが様々な因子が紛れ込んでいる世界であるため、結婚している女性でコンパニオンを続けたいと、そう考えている人はよく考えてから決めるべきだろう。

それでもやる人は多い

コンパニオンの仕事は華やかな世界である分、光に見合った影が根付いていることを意識しなければならない。そこを理解できていなければ由々しき事態に巻き込まれることも十二分にありえる。主婦にしても、OLにしても、副業としてやるだけの価値があると、都合がつくときに働けるから、なんて理由もある。簡単に出来る仕事だと思われている節があるのかもしれないが、冷静に考えてみたらそんなことはない、その事実に気づいてもらいたい。

高収入バイト情報