ピンクコンパニオンとは

イベントよりも大注目したい、イベントコンパニオン!

ピンクコンパニオンとは

お色気系コンパニオン

コンパニオンと言ってもいくつか種類がある、先に話したイベントコンパニオンは企業ブースにて商品を盛り上げるためのイメージガールとして立ち、多くの人に宣伝することを役割としている。しかしそれはあくまで健全な見方が一般的となっている。その場で女性に対してのセクハラ行為は有無をいわさず警察沙汰になる。しかしそんなコンパニオンの世界でも、多少なりとも身体の部位にタッチすることが許可されているものがある、セクシーなことに変わりはないが、そんな少しばかりHなことをしても許されているのが『ピンクコンパニオン』というものだ。

女性にしても、男性にしてもそうだが、見ず知らずの人間に体の部位を触られることに対して見も毛もよだつ思いがするのは当然、ただこのピンクコンパニオンに関してはそんな少しばかりの触れ合いを前提としたコンパニオンもいるという。それはつまり風俗では、という人もいるかと思うが、それとこれとはまるで話が違ってくる。もしも性行為に準ずる何かをしただけで風営法違反といった名目になる。

ここで出てくるピンクコンパニオンとはあくまで『健全な』コンパニオンであって、一線を越えるようなことを一切することのないものとなっているが、人によっては大した違いはないだろうと思っている人もいるかも知れない。


女性たちの心境として

そもそも女性たちはそんなピンクコンパニオンとして勤務することに恥じるなどの意思を持っていないのかについて考えると、女性たちは仕事なので事後承諾といったことではなく、事前承諾で勤務している。ピンクコンパニオンと呼ばれる女性たちはイベントコンパニオンとは違って大勢の人に見られるようなものではなく、旅館やホテルに宿泊する顧客に対してのサービスをするのが専門となっている。そのため、どちらかといえば水商売に近い接客業になるといえるかもしれない。

だがそれでもピンクコンパニオンは接客業であって、風俗ではないことは理解していなければならない。想像されるような通常のイベントに登場してイベントを盛り上げるコンパニオンと同様、接客してお客さんを盛り上げることが仕事になっている。そのサービスの中でちょっとしたエロスを投入するのがピンクコンパニオンとなっている。風俗的サービスについては一切受け付けていない、というより受け付けることはない。よく勘違いしている人もいると言われているのが、デリヘルと間違えられるというケースだ。そのため時によった勢いで行き過ぎた行為をしようとする人もいるだろうが、そんなことをすれば間違いなく犯罪としてみなされてしまう。

犯罪として扱われてしまう

ピンクコンパニオンは内容によっては過激なサービスが披露されることもある、つまりはヌードの披露だ。しかしこれはあくまで限界点であって、それより先に進むことはない。些細なチラリズムを楽しみながら、乾いた夜を楽しむ手段としてピンクコンパニオンも需要がある。特に地方の方ではよく行われており、仕事をしている年齢層についても学生から主婦、または掛け持ちで仕事をしている人もいるという。

そんなコンパニオンたちにもしもおさわり以上の行為に及んだ場合があったとしたら、それは犯罪として警察沙汰になる。酔っていただけだといっても、それはただの言い訳ではあって責任逃れすることはできない。ピンクコンパニオンの業界ではそうした問題が起きないように、サービス開始前に必ず注意事項として説明する事になる。それによって最悪のケースを逃れるようにするため、不用意な行為に及ばないようにお客は心がけ無くてはならない。

中にはコンパニオンではないことをするケースも

ただピンクコンパニオンと称しながら、最後は行為に発展するといったサービスをしているところもある。当然これは犯罪だ、運営側が法律違反をしているため、むしろそんな怪しげなことを平然と行うような企業にコンパニオンを依頼しないようにも注意したい。

実際に、そのようなケースで起きた詐欺事件なども報道され、逮捕者まで出てしまう事件も発生している。

高収入バイト情報